2012年 明けました!
category: PA
 
みなさま、ちょっと遅いですがあけましておめでとうございます。
今年もMine’s Recordsをよろしくお願いいたします。

さっそく今年一発目のブロク更新です。
今日は日比谷にあるの松尾ホールでのコンサートのPAで行ってまいりました。
そちらは普段は、スタインウェイのピアノやハープを取り扱っているお店なのですが、そこの一室がちょっとしたホールになっていて、そこでコンサートを行なったんですね。
写真を撮り忘れてしまったので、ピアノの雰囲気をご紹介できないので残念なのですが、いろんなピアノ(スゲー高そうな奴ばっか)が10台くらい置いてあって見ると結構圧巻です。

ホールはというとこんな感じ。

今回はなんといっても会社で新しく購入したPresonusのStudioLive 16.0.2ミキサーを現場で初めて使うことになったのでとても楽しみでした。

ミキサーはこちら

GEQはメインにしか付いていないのですが、今回はAuxがPEQのみでも問題ないかなという感じでした。この機種だとmono 8ch  4stereo取れるので小規模なコンサートにはとても便利です。 基本的にはアウトボード類はひとしきり入っているので、これ一台あればだいたいのことはできちゃうんですね。しかもちっちゃいし便利ですよ。
それとPresonusのサイトからコントロールソフトをダウンロードすると、パソコンやiPadでもコントロールすることもできます。
しかもこのミキサーは最初からファイヤワイヤーが搭載されていて、このミキサーがインターフェイスの役割も果たします。
ですので、簡単に録音ができてしまうんですね。いいですねぇ〜。
今回はセッティングなどする時間があまりなかったので、録音はしていませんが機会があれば録音してみたいです。

そしてこのミキサー、リバーブがメチャクチャいいですよ。

この日はPLATEのVOXっていうPreSetを使ったんですけど、すごく嘘臭くない!違和感がないって感じですかね?
自然なリバーブ感がPAしててもすごい気持ちいいんですよ。
エフェクトの設定はPre DeleyとREV TIMEだけですが、それでも全然問題なかったなぁ。
ボーカルの方もすごくリバーブを気に入ってました。


スピーカーはMAIN、Monitor 共にI82hを使用

アンプはこちら

今回気になったのは、メインをMartin AudioのF10+でやったらもっとよかったなと感じましたね。
I82hけして悪いわけではないですが、前にスコーンと飛ぶというよりは横に広く飛んでいくように感じたので、後ろのほうだと若干輪郭を捉えづらく感じたためです。F10+だったらまっすぐ飛んでいってくれるので全体の輪郭がもっと捉えやすかったなぁと考えてしまいました。

次回もここで仕事をする機会はあるとおもうのでその時はF10+で鳴らしてみようかと...
お客さんはとても喜んでくれていたのでよかったですが…

日々精進ですね!!

ただコンサートはとても面白かったし、なんといっても機材量が減ったので、すごく楽になったこと、そしてリバーブがすごく気に入ったので自分も楽しかった一日でした。

そして今年もどうぞよろしくお願い申し上げます!!
comments(0), trackbacks(0), - -
ビックバンドのお仕事に行ってまいりました!!
category: PA
 

お久しぶりでございます!
Mine’s Recordsスタッフの松本です。
あまりにも久しぶりすぎて皆さんもう僕のブログを忘れていらっしゃるんじゃないでしょうか?
忙しいのを言い訳にしないでちゃんと更新しないといけませんね。

僕は今年の3月に入社しましたが、あっという間にもう年の瀬ですよ!
新しい環境でいろんなことを経験することができました。
ツアーに行ったり、マインズのアーティストのレコーディングの仕事をみて勉強したり、滅茶苦茶怒られることもありましたが、それ以上に勉強になったことの驚きのが多く、とても楽しい一年でした!!

来年もどうぞよろしくお願いします!!


挨拶はさておき。
先日、港区の白金高輪にある高輪区民センターでビックバンドのコンサートがありまして、その音響として仕事に行ってきました。
僕は過去にここの区民センターで仕事をしていたことがありまして、3年ぶりぐらいに訪れました。
その日は朝から搬入だったのですが、鬼のように寒いんですよ!!
寒さで手が取れるかと思いました! ....さすがにそれはないですね 汗


さあさあ仕込み中はこんな感じです。



今回のビックバンドはなんとサックス陣が7人!!そしてトロンボーンが5人、トランペット4人というホーンセクションにドラム、ピアノ、ギター、パーカッションということでセッティングしてみると圧巻のセッティングでした!
ステージいっぱいいっぱいでしたからね!サックス7人というのは初めての経験だったので、なんかすごかった!驚




PAブースはお客さんなどの都合もあり、この位置にセッティングしていました。


音もさることながらやっぱりデジタルミキサーだとアウトボード(GEQやコンプレッサーなど)がないので場所を確保しやすいしコンパクトでよいですね!
このミキサーだけあれば↑なんでも出来ちゃいますからね!!
今回使用したのはALLEN&HEATHのiLive-T112を使用しました。
ミックスラックはiDR-48使用

iLive-T112
http://www.allen-heath.com/UK/Products/Pages/ProductDetails.aspx?catId=iLiveSeries&ProductId=iLiveT112&SubCatId=iLiveSurfaces#

ミックスラック周りはこれ↓



パワーアンプ:LAB.GRUPPEN FP10000Q+FP2400


メインスピーカー:MARTIN AUDIO  HI→F15+ LOW→S218+


リハーサル風景


メンバー全員がステージに上がると動く隙間もないですね...


本番!!

1部

2部 ゴスペルグループ

3部


本番は1部と3部でビックバンド、2部ではゴスペルグループとお腹いっぱいの構成になっていました。
やっぱりサックスが7人もいると音もそうですけど、見た目がとんでもない感じですね。
ホントに大所帯なバンドに見えました。
ゴスペルグループもビックバンドのセッティングのまま約40人ぐらいステージに上がって歌っていましたからね!どこに入るんだって感じでしたけど、うまいぐあいにセッティングできてました。

終演後、バンドの方々がとても楽しかったし、音もよかったと喜んでいただいたので無事お仕事完了といったところですね。お客さんもとても喜んでいただけたそうです。
それがなによりでございます。

よし!!来年は今年以上にビックバンドの仕事を頑張っていくぞ!!

以上!松本でした。





comments(0), trackbacks(0), - -
お仕事に行ってきました。
category: PA
 

マインズブログをご覧の皆様!

こんにちは。Mine's Recordsスタッフ松本でございます。

タイトルに書いてあるとおり、先日浅草にPAのお仕事に行ってきました。
今回はステージマンとして参加しました。
とても幻想的なステージが多く、不思議な空間でした。
音響もとても興味のあるもので、全方向から音を体感できるサラウンドシステムで行なったのでより一層幻想的なイメージが湧くイベントでした。


それでは早速、リハーサルから紹介していこうかと思います。


セッティング風景



今回はステージというものはありませんでした。
お客さんも演者を囲んで演奏を見るような形でしたので、バンドも円を描くようにセッティングしました。

そして今回はとても興味深いスピーカーを発見!
上の写真の柱の前に置いてあるスピーカーです。

それがこちら↓


これは無指向のスピーカーで、指向性のあるスピーカーと違い、スピーカーのどの位置にいても音の死角に入ることがありません。リスニングポイントを選ばないんですね。どの位置にいても全体の音がバランスよく聴くことができるという特徴があるわけです。
なのでお客さんがバンドを囲おうようにしても問題ないわけです。
一見すると全くスピーカーに見えないのですがとても良い音で鳴っていました。

うちの会社のイベントでも使う機会があれば是非使ってみたいですね。


こちらはメインのスピーカーでこれを正面と左右にまわりを囲おうように設置しました。そうすることでサラウンドな音を体感できるということなんですね!



こちらはミキシングブースです。
ミキサーはMidasのVenice F24を使用しました。音もよかったんですけど、僕的には見た目が非常に気に入りました。前からMidasのミキサーの見た目は好きではあるんですが、Venice F24はそれよりもよかったです。大きく変わっているわけではないのですが、フェーダーの感じとか全体的な形状など気にいる箇所がありました。

Mine's Recordsの代表も気に入っていて、すごく欲しい!!と唸っていました。


買いましょう!!(笑)




そしていざ、本番です。


すごく良い音でした。

けっこう会場自体が響く会場だったので、リハーサルで思ったのは、ミックス難しいだろうなぁと思ったいたのですが、本番が始まるとスッキリしてそれぞれの音がパリッと鳴っていたので、さすがだな!と勉強になりましたね。リバーブ、ディレイの使い分けも非常に上手で、幻想的な雰囲気を作り上げていました。
もっと勉強して頑張らないと!!と再確認した一日でもありました。

そしてサクッ サクッとバラシをして長い一日(起きてから15時間が経過していました)が終わりました。あっという間の一日だった!!
また是非参加したいです。


それにしても、やっぱり現場は本当に楽しいなぁ!!










comments(0), trackbacks(0), - -
Three For Brazil 全国ツアー!!
category: PA

みなさんこんにちは!!
Mine's Recordsスタッフの松本です。

今日も早速ブログをアップしようとパソコンの前に座っているのですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?と言っても時間的には夜になろうとしている時間なんですけどね...


今回は現在も全国ツアー中のThree For Brazilの前橋マーキュリーホテルで行われた。公演をご紹介していきたいと思います。
そして、今回はコモドマッティーナ株式会社さんからRENKUS-HEINZのポイントソースアレイスピーカーをお借りしての公演でしたのでそちらもご紹介しながらレポートしていきたいと思います。

今回借りたスピーカーはとにかくセッティングが早かったですね!たぶん20分かかってないんではないでしょうか?
基本的にはプロセッサーは必要なく、それぞれのSPにInputするだけでいいんです!!しかもGEQで切る必要があまりなかったのですごくやりやすく、とてもバランス良く鳴っていましたよ。
時間がない現場などではとても重宝されるとおもいますね。
音もよく飛んでくれていましたし、押し出し感もしっかりありました。
会社で買ってくれないかなぁ...


欲しい!!


実物の写真がこちら



意外にスマートなんですよね。


さてさて、リハーサルのお話に戻ろうかと思います。やはり、ホテルでの音響なので自然にリバーブがかかっている状態でした。Lowも結構まわるんですよね。なのでリハーサルはほとんどリバーブをかけずにいました。
基本的な問題は特になく無事終了!あとはお客さんが入ってからだいぶ変わるだろうな。という感じでした。実際は本番が始まってだいぶ環境は変わりましたね!!

ステージはこんな感じですよ!



本番では特に聴く場所によって音の帯域が溜まるところがありそこを微調整していくことが主でした。ここのホールは250hz〜400hzが溜まりやすくなってました。
ただR側だけに起きている状態でしたので、片側を切るととてもスッキリした音になりそれぞれの楽器の細かいタッチもしっかり聞き取れるようになり、とてもいい感じでした。

Two For Brazilの演奏も森 郁さんの歌も素晴らしく、もうお腹いっぱいですね。
写真を掲載したかったのですが、あまりうまく撮れてなくて載せられないのが非常に残念です。

今日の公演は名古屋で行われていますが、そこでも素晴らしいBossa Novaの演奏を聞かせてくれることでしょう。
僕が次にPAを担当するのは最終日の四谷サッシペレレ。みなさんにいい音が届けられるように頑張るぞ!!



comments(0), trackbacks(0), - -
イベントの仕事に行ってまいりました。
category: PA


今日、2度目のブログをアップしています。
Mine's Recordsスタッフの松本でございます。


今回は、代々木にあるYamano Hallでの仕事をレポートしたいと思います。


今回はいろいろと仕込みが大変でした。メイン会場はもちろんのこと、それ以外に各セクションの控室などにもPAを組まなくてはならなかったので上に行ったり下に行ったりあまり落ち着いている時間はなかったですね。
また本番の日に急にPAを追加したりしなくてはいけなくなったりと臨機応変に対応しなくてはいけなかったので、いろいろと勉強になる現場でした。

ただ、3日間あるうちの初日は仕込日だったのもあり、ある程度は余裕をもって動くことができたと思います。



Main Mixerはステージ下手に組むことになりこんな感じで組みました。


Digital Mixerを使用しているのですっきりしてます。なんたって外付けOutBoardほとんど無しですからね。

使用している機材はAllen&heathのiLive T-112を使用しています。
基本的にページを呼び出さずともほとんどのOutBoardを操作できるのでかなり使いやすいMixerです。
うちの会社では、48in 24outのエンジンを使っています。
頼もしい限りです。


こいつがエンジンです。

そして注目なのが、ラックの上部に付いているLEDライト!!

どこにでも売っているようなLEDのテープライトなのですが、これがあるか、ないかで仕事の効率がかなり変わりました。こういうのを使う時って、パッチしたくても結構暗くていちいちライトで照らしながらの作業が多いのですが、このライトのおかげで楽にパッチすることができました。
別日に僕の上司が付けてくれていたみたいです。
どうもありがとうございます。


そして、前のブログでお話ししたPC2002はこんな感じで使用されました。


このAmpで地下3階の控室とテレビモニターのスピーカーを鳴らしました。
パネルも特に問題もなくいい感じで鳴っていましたよ。
ただ、パネルへ接続するときはかなり慎重になりましたが...
リヤにラックレールが付いてなかったのが悔やまれます...namida



テレビーモニターとして使用したI82h







こんな技も!!






2階ではこいつが大活躍でした。


御存じYAMAHA EMX660ですね。
今回は主に地下3階のメインホール地下2階のフロアと2階の控室にそれぞれPAを組むかたちでした。
2階に関しては3ヶ所にPAを組まなくてはいけない状況だったので、PoweredMixerであるEMX660はその環境に合ったようです。SNはちょっと悪いですが、Main、Monitor共に7BANDのGEQも装備されているので、こういった状況には最適ではないでしょうか?

オレンジのケーブルはMainとMonitorのOutputからOutさせて他の会場に送り、裏にあるSPoutからは下の写真のようなかたちでそれぞれスピーカーを鳴らしました。


スタンドに立ててあるのはQSCのI82hです。
8インチのスピーカーなのにも関わらず、グンっと押し出す低域が魅力的です。
こんなにLOW出るの?と驚いちゃうくらいです。
なおかつ、いい音ですから文句なしですよ!



これは受付用においたI82h




仕込、本番共にも大きな問題もなく無事終了しました。いろんな追加が出たり急なオーダー出たりとドタバタしましたが...warai

ただ、最終日の日にバラシが終わって倉庫に向かう途中、尋常じゃないくらいどしゃぶりの雨が降ってきて『この雨で機材おろせんの?』と思いましたが、倉庫に着くころにだいぶ弱くなってきたので、なんとか無事に下ろすことができました。

いや〜よかった!よかった!



comments(0), trackbacks(0), - -
外は快晴なのに倉庫の隅でパネル作り
category: PA
 

どうもMines Recordsスタッフの松本です。


ブログをアップしよう、アップしようと思っていたのですが、なかなか忙しくアップできなかったので今日は、まとめてアップしていきたいと思います。




さてさて、まずはゴールデンウィーク中の現場で使ったパネルの制作について書いていこうかと思います。

ちなみに、今日アップしてますが作ったのは4月29日です。

実は(実はってことでもないか...)僕はケーブルを作ったり、パネルを作ったりするのが結構好きで、『一日中作れ!!』と言われてもあまり辛くない人なので結構楽しかったですね。なんかプラモデル作ってるみたいで熱中しちゃうんですよ。

でもなんやかんや3時間ぐらいはかかっているので、ちょっと疲れました。



作業途中の写真がこちら



今回はYAMAHA PC2002のパネルを作成しました。
P.AmpのOutはターミナル仕様になっているので、パネルを使ってスピコン仕様に変えました。
Inputは結構比較的に簡単だったんですが、Outは極東電線のケーブルを使用したので太く、なおかつ、パネルでパラができるような仕様にしたのでケーブル同士をまとめるのが大変でした。


はんだ付けするときも、あまり長い時間はんだを当てているとケーブルが熱をもってゴムが溶けてしまうので急いで作業をしないといけないのですが、太いぶん熱を通しづらく大変でしたね。



裏はこんな感じ



完成したものがこちら


最後が見切れちゃってました。
撮影失敗です...namida



そして、完成したパネルをつけようとしたのですが、なんと!!!裏にラックレールがついていないというアクシデント発生!!悲しすぎます。
いろいろ小割りを使ったりして、はめ込もうとしたのですがその努力も虚しく結局付きませんでした。
なんてこった...naki

とりあえず、繋げるだけ繋いでポンとしまった感じにしました。
現場に持っていくまでに、台座とケーブルのつなぎ目(特にInputですね!)が切れちゃわないか心配でしたが、運よく現場の時は特に問題は起きずに使えました。




これで終わりかと思いきや、続いてはスピーカーケーブル作りが待っていました。
20m×10本作りましたね。
ケーブル作りはリールから各mに切り分けるのが結構大変なんですね。結構なm数を巻くので腕が疲れるんですよ。
ただ今回は前の日にそれぞれ20mに切り分けてはいたので比較的時間もかからず終わりました。



この量ですよ!!これで2/3くらいです。




ケーブル作成中




完成!!


今回はITTのプラグを使いました。
ITTのプラグってネジが多くてちょいと面倒ではありますね。
何度かネジを作業台から落としてしまって大変でした。

ケーブル作りも無事終わり、あとは現場を待つばかりといった感じです。
工具たちもよく働いてくれました。




お疲れ様!!





comments(0), trackbacks(0), - -
初ブログでございます。
category: PA
 

ブログをご覧のみなさま。
はじめまして、Mine's Recordsスタッフの松本です。
これからちょくちょくブログをアップしていきますので、どうぞよろしくお願いします。



今日は朝9時から倉庫に集合してレンタルのためのドラムセットの写真撮影会でした。
天候だけが不安でしたが天気は快晴でいい気持ち。
撮影日和な日でした!!


みんなでドラムセットを組んでいるところです。


こんな感じです。


写真の黒い帽子をかぶっている方は音響機材代理店、バラットの菅澤さんです。
いつも、いつも大変お世話になっています。
今日も朝早くから手伝っていただきありがとうございます!!


普段は倉庫にバラバラになって眠っているドラム君たちですが、ちゃんと組んで広げてみるとなかなか!!いい感じでかっこいいですな!!
まわりを歩いている方々もなにやってるんだ?との感じで興味津々で声をかけたり見ていたりしてました。
はたから見たらこれからLiveでもするんか?って感じですよね!笑)


こんな感じ




個人的にはやっぱりSlingerland(↑写真のピンクのドラムセット)のドラムがかっこいいですね。色も雰囲気もなかなか渋い!!
先日のGentle Forest Jazz BandのJZ Bratのライブでも使用されていました。

キャリアとしては何十年も経っているドラムさんです。まだまだ現役で活躍している素晴らしいドラムでございます。
しっかり芯があって、やさしい音がして大好きです。

まだまだいろいろありますが、写真でいっぱいになってしまうのでこのぐらいに。
他にもなかなか渋いドラムがあるので気になった方はぜひぜひレンタルして使ってみてください。



写真を撮り終えた後は、倉庫作業の時はいつも食べに行く石塚さんの大好きな『大将うどん』でお昼ごはん。
こちらのお店は武蔵野うどんと言ううどんで、いわゆるご当地うどんでございます。こちらのうどんはつけ汁でいただくのですが、ものすごい太麺とコシの強い麺で大変おいしいうどん屋さんです。それとともにつけ汁がうまい!!
みんなは肉汁うどんを食べてましたが、僕はあぶら麩汁うどんをいただきました。
何回食べても、ここのうどんは美味いなぁ。
みんな食べた方がいいですよ。絶対!!



午後からはこれから野外イベントで活躍するMackieのミキサーやスピーカー達のチェックをしました。(写真を載せようと思っていたのですが撮り忘れてしましました。ごめんなさい!!)
作業途中で伊藤ハルクさんも登場!!皆で機材の話で盛り上がりました。

機材たちもいい感じに鳴っていてこれからに期待です。




またまたブログでおじゃましますが、以後お見知りおきを。
松本でした。






comments(0), trackbacks(0), - -
キャメルとショピン やはり甲府は雨だった…。
category: PA
water water camel、山梨出身の素晴らしいバンドです。
彼らは毎年甲府の桜座でイベントを企画しておりまして、
今年も2tトラックに音響機材を積み込んで行って参りました。

実は今年は愛宕山の屋外でやる予定だったのですが、
降水確率100%!!!!!
桜座空いてて良かった。
ちなみに毎年このイベント雨、雨、雨。

この日のゲストバンドはショピンでした。
名前は知っていましたが、ごめんなさい聴いたことがありませんでした。

楽しいライブでした。ほのぼのしました。
CD2枚購入。
また観たいです。




そしてキャメル。



素晴らしい!
どんどん逞しくなっていきますなぁ。
演奏うまいしね。
須藤くんのベース、イイ音!
プレイも良くなってたなァ。
来年もよろしくです。

このイベントは出店があったり、
ステージも装飾が施され、
手作りの素晴らしさを味わえる貴重な時間ですよ。
是非ご体験あれ。
comments(0), trackbacks(0), - -
PAのお仕事
category: PA
 

富山へ行ってまいりました。
音響さんとして東京から行ってまいりました。
パーティーのゲストで出演したアーティストのPAです。
正味30分の演奏でした。
立食で700人のお客様。
飲んで食べておしゃべりして。
たぶん演奏中も500人くらいは飲んで食べておしゃべり。

お仕事って大変ですよね。

小さな小さなallen&heathのデジタルミキサーR72。
素晴らしい!
欲しい欲しい病が。
ホテルの音響さんも気にしてたみたいです。
機材好きは病気ですなぁ。

今日の猫はモモ。
前に撮った写真ですが、優雅でしょ?
足ふみでもやったのでしょうか…。


comments(0), trackbacks(0), - -
iLive-T Series !!
category: PA
 

関東は今日あたりで梅雨明けですかね?
蒸し暑い日が続きますよ!
みなさん夏バテにならないようにしてくださいね。
アイスの食べ過ぎに注意ですよ。
特にGentle久保田氏は食べ過ぎてますからね。


ところでマインズレコードはCDレーベルをメインで
やっておりますが、実は他にも色々お仕事させて
いただいております。
主にはPA業務(音響ですね)、ライブ録音、楽器レンタル、
CD制作関連、ライブハウス音響管理、スタジオ管理等々。

海外ジャズミュージシャンの全国ツアーなども
PAで周ったりしておりまして、2tトラックに機材を
沢山積んで、そろそろ腰への負担が気になる年齢。
軽くて音が良く、使いやすいミキサーないかな?
というあなた!というか僕!

英国のAllen&Heathというミキサーを主に作っている
メーカーがありまして、最近デジタルミキサーに力を
注いでおります。(まあ、どのメーカーも全力投球でしょうが)

iLive-T Series、欲しいわけですよ。
詳しいこと書いても仕方ないけど、
ひとことで言うと、軽くて音が良くて使いやすくて
そんなに高くない(車の値段くらいはする)。

これをね近々導入予定です。
ホンクやジェントル、兵頭さんのライブで
登場する日も遠くない!?

今日の猫はやはりモモ。
大リラックスおなか丸出し。

comments(0), trackbacks(0), - -
New Entry.
Category.
Archives.
Comment.

Profile
Calendar
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Links
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Search