<< Mine's Records 最新情報!! | main | Gentle Forest Jazz Band 夏びらきMUSIC FESTIVAL “11 >>
お仕事に行ってきました。
category: PA
 

マインズブログをご覧の皆様!

こんにちは。Mine's Recordsスタッフ松本でございます。

タイトルに書いてあるとおり、先日浅草にPAのお仕事に行ってきました。
今回はステージマンとして参加しました。
とても幻想的なステージが多く、不思議な空間でした。
音響もとても興味のあるもので、全方向から音を体感できるサラウンドシステムで行なったのでより一層幻想的なイメージが湧くイベントでした。


それでは早速、リハーサルから紹介していこうかと思います。


セッティング風景



今回はステージというものはありませんでした。
お客さんも演者を囲んで演奏を見るような形でしたので、バンドも円を描くようにセッティングしました。

そして今回はとても興味深いスピーカーを発見!
上の写真の柱の前に置いてあるスピーカーです。

それがこちら↓


これは無指向のスピーカーで、指向性のあるスピーカーと違い、スピーカーのどの位置にいても音の死角に入ることがありません。リスニングポイントを選ばないんですね。どの位置にいても全体の音がバランスよく聴くことができるという特徴があるわけです。
なのでお客さんがバンドを囲おうようにしても問題ないわけです。
一見すると全くスピーカーに見えないのですがとても良い音で鳴っていました。

うちの会社のイベントでも使う機会があれば是非使ってみたいですね。


こちらはメインのスピーカーでこれを正面と左右にまわりを囲おうように設置しました。そうすることでサラウンドな音を体感できるということなんですね!



こちらはミキシングブースです。
ミキサーはMidasのVenice F24を使用しました。音もよかったんですけど、僕的には見た目が非常に気に入りました。前からMidasのミキサーの見た目は好きではあるんですが、Venice F24はそれよりもよかったです。大きく変わっているわけではないのですが、フェーダーの感じとか全体的な形状など気にいる箇所がありました。

Mine's Recordsの代表も気に入っていて、すごく欲しい!!と唸っていました。


買いましょう!!(笑)




そしていざ、本番です。


すごく良い音でした。

けっこう会場自体が響く会場だったので、リハーサルで思ったのは、ミックス難しいだろうなぁと思ったいたのですが、本番が始まるとスッキリしてそれぞれの音がパリッと鳴っていたので、さすがだな!と勉強になりましたね。リバーブ、ディレイの使い分けも非常に上手で、幻想的な雰囲気を作り上げていました。
もっと勉強して頑張らないと!!と再確認した一日でもありました。

そしてサクッ サクッとバラシをして長い一日(起きてから15時間が経過していました)が終わりました。あっという間の一日だった!!
また是非参加したいです。


それにしても、やっぱり現場は本当に楽しいなぁ!!










comments(0), trackbacks(0), - -
Comment.
Add a comment.
name:

email:

url:



Trackback.
url:
New Entry.
Category.
Archives.
Comment.

Profile
Calendar
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Links
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Search